1. ホーム
  2. 1895年極楽鳥金貨
  3. ≫1895年極楽鳥10マルク金貨

1895年極楽鳥10マルク金貨

こんにちは極楽鳥アンティークコイン情報館です。今回は幻のコインと言われる極楽鳥10マルク金貨について書いていきたいと思います。

ニューギニアのマルク貨は1894年から1911年までドイツの植民地だったニューギニアの法定通貨です。大変美しいデザインのコインで表面には極楽鳥、裏面には額面とパーム(ギニアアブラヤシ)の輪が描かれています。

ドイツ領ニューギニアとは

ドイツ領ニューギニアの地図
(wikiより引用)
ドイツ領ニューギニアは、ドイツ植民地帝国が初めて獲得した地域で、1884年から第一次世界大戦勃発後オーストラリアが占領した1914年まで保護領でした。ニューギニア島北東部(カイザー・ヴィルヘルムスラント)及び周辺の島嶼部から構成され、総面積は249,500平方キロメートル。現在ではドイツ領ニューギニア及びビスマーク諸島の主要地域は現在、パプアニューギニアの一部となっています。

皇帝はヴィルヘルム2世でドイツでは彼の肖像のコインが多数発行されましたがドイツ領ニューギニアではご存知の通り、美しい極楽鳥が描かれたユニークなコインが発行され現在でも非常に人気があるアンティークコインの一つとなっております。

1895年ニューギニア極楽鳥10マルク金貨

1895年極楽鳥20マルク金貨極楽鳥10マルク金貨です。KM#8、重量は3.982g、ミントマークはA(ベルリン)で1895年の単年発行となります。発行枚数は2000枚となっており現存数はかなり少ないことが伺えます。

カタログ価格はVF(美品)で4750USD、XF(極美品)で9500USD、UNC(未使用)で16000USDプルーフで20000USDとなっています。

20マルク金貨(発行枚数1500枚)に比べると発行枚数が多いですが市場に出回ることがほとんどなくMS65などのハイグレード品は希少です。また、20マルク同様プルーフが市場に出回る事はなく私が調べた限りではプルーフの取引実績はありませんでした。

1895年ニューギニア極楽鳥10マルク金貨の実勢価格

ドイツ領ニューギニアの10マルク金貨については極楽鳥20マルク金貨同様ほとんど市場で取引されることがありませんので参考になる数字を出すことができません。

ただ、最近イギリスのオークションでNGC鑑定済みMS65のコインが日本円で420万円で取引されました。MS65(完全未使用)ということを考えると若干安いように感じますが今後、市場へ出てきた時の売買価格の参考になると思います。

極楽鳥のアンティークコインはどれもデザインが大変美しく人気が高いためアンティークコイン投資としてもオススメできます。

特に5マルク銀貨や10マルク金貨、20マルク金貨は現存数が少ない割には世界的にコレクターが多く、世界経済の発展に伴い価値が上がる可能性が高いです。今回の記事が極楽鳥金貨コレクションの参考になりましたら幸いです。